ジェネリック医薬品のシラグラを個人輸入してED症状を改善させる

EDという勃起不全の症状を改善・治療する薬としては、バイアグラがよく知られています。
この薬にはシルデナフィルクエン酸塩という成分が使用されていて、これが勃起不全の改善に良い効果をもたらすと言われているのです。
つまり、ホスホジエステラーゼという酵素の働きを抑制する効能があるため、この酵素によって血管拡張がうまく行われず血液量が増えないという困った状態が引き起こされなくなるということですね。

これは、勃起するために陰茎が必要とする血液の流れを充分にする働きをもたらすことに繋がります。
性的な刺激や興奮を受けたことが陰茎の勃起に繋がるためには、神経の伝達だけではなく血管や血液の働きも重要なのです。
ですから、シルデナフィルクエン酸塩が使われているバイアグラは世界中のEDに悩む男性達に受けいられたのかもしれません。
そんなバイアグラと同成分のED治療薬がシラグラです。

この薬はジェネリック医薬品の一種で、Cipla社というインドの製薬会社によって製造されたものになります。
インドにおける医薬品については製造特許は認められていますが、成分特許は認められていません。
だからこそ、バイアグラと同じシルデナフィルクエン酸塩を含むジェネリック薬も正規の薬として認められて流通しているのです。
そのため、インド国内はもちろん海外にも輸出されており、EDを改善したい男性達に注目されています。
シラグラは1日に1回の服用とされていて、服用の間隔は24時間以上空けることが大事ですね。
また、性行為を行う1時間ほど前の空腹でいる時に服用すると、一番効率的に効果が発揮されます。
シルデナフィルクエン酸塩が配合されていますから、血管の広がりと血液量の増大が見込まれますので、それによって起こるかもしれない副作用には注意すると良いですね。
例えば、血圧が低下してめまいや頭痛が起こる場合もあります。

また、顔がほてったり動悸が起こる場合も考えられます。
ですから、服用後に体調の異変等を感じたら、医者にかかって専門の診断を仰ぐことが大切です。
ただし、シラグラを手に入れようと思ったら個人輸入の方法を採ることが必要なので、その点についていくつか考慮せねばならないことがあるのです。
その一つとしては、正規薬を手に入れるようにすることですね。
きちんとしたルートを使って、偽物ではない正規のシラグラを購入したいものです。
ですから、個人輸入代行業者に依頼すると安心かもしれません。

もちろん、その業者が正規のジェネリック医薬品を扱っているのかどうかを事前に確認することが大切です。
バイアグラよりも低い価格で入手することができますので、ED治療のためには購入しやすいですね。
尚、シラグラは日本国内では未承認薬になりますので、個人輸入で購入するのも服用するのも自己責任になります。
ですから、まずは病院で体調等に異変・異状がないか診てもらってから、特に体に不安がなければ手に入れてうまく活用すると良いですね。

Comments are closed.