シラグラで簡単ED対策

若い人(20~30代)にも多いといわれている男性だけの症状、「ED」に皆さんはなっていませんか?
正直に言いますが、私は20代でEDです。
本当に恥ずかしくて以前は口が裂けてでも言えなかったのですが、最近はこうやって発言することも多くなりました。
それはED治療薬を利用し、少し気持ちが楽になったからです。

私が利用したED治療薬は「シラグラ」という製品で、この製品のおかげでナイトライフが楽しめるようになりました。
ED治療薬には興味があるけれど、手を出す勇気がないという人もいるかもしれませんが、手を出さないまま放置していても、結局変わることはありません。
変えたいのならシラグラを利用してみてください。
シラグラはインド国内でだけ許可されている治療薬なので、日本で購入しようとしても売っていません。
購入するのなら個人輸入をする必要があります。

silagra02

個人輸入なんてしたことがないから無理、という方も多いでしょうが、そこは全く問題ありません。
なぜなら今は便利な個人輸入代行業者という、便利なサービスを提供している会社があるからです(最下部に補足説明あり)
もちろん安全な業者を利用する必要がありますから、純正品を直接配送してくれるところを選びましょう。
シラグラはクエン酸シルデナフィルを含んでいます。
同じクエン酸シルデナフィルを含んだED治療薬で有名なのは、バイアグラです。
バイアグラという言葉は聞いたことがある男性も多いでしょう。
気が付いた人もいるかもしれませんが、バイアグラのジェネリック医薬品になります。
バイアグラは病院にいったら処方してもらえる薬ですから、より安心感があるかもしれません。

ですがその分お金がかかります。
シラグラとの差を計算してみると、ひどい時には10倍のコストがかかった場合があるほど、とても高価なED治療薬なのです。
たった1錠を飲むだけで、高い場合だと1500円程度かかります。
毎回ナイトライフの度にその金額を費やせるでしょうか?

普通の方なら無理だと思いますが、ジェネリック医薬品の方なら問題なく利用できるはずです。
安いものだと1錠150円程度ですから、試しに購入してみようという気軽な気持ちで利用することができるでしょう。
やはりまずは使ってみないと、その効果はわかりませんし信用できないと思います。
クエン酸シルデナフィルには血管を拡張させる働きがありますから、勃起がしやすくなるのです。
最大限にこの治療薬の効果を得たいのなら、飲み方にも注意を払ってください。
食事の30分前には服用しておき、食事によって効果が薄れるのを防ぎましょう。

食事の後に服用してしまうと、どうしても吸収率が悪くなるのです。
なので吸収率の良い空腹時を狙って飲むのが、一番ベストなタイミングとなります。
いろいろと薬を服用している人は、まずはその薬をもらっている病院に行き、利用しても大丈夫かどうかをチェックしておくと、安全なナイトライフ対策がとれるのではないでしょうか?

シラグラでインポテンツを克服

年齢を重ねていけば、体が老化していくのは当然の現象です。
気持ちは若いつもりであっても、しわや白髪が増えてたり、疲れやすくなったりなど衰えの症状は確実に現われはじめてきます。
男性の場合には、下半身に衰えの症状が出やすくなります。
中年に差し掛かる頃になると、過半数近くの男性が「インポテンツ」の症状を実感し始めるとも言われていますね。
インポテンツになってしまっても、まだまだ現役で性行為を楽しみたいと思っている男性は多いことでしょう。
性行為をしたいのに、うまく下半身が機能してくれないと、精神的にも辛い気持ちになってしまいますよね。
中には、男性としての終わりを実感して、ひどく落ち込んでしまう方もいるようです。

ですが、インポテンツになってしまって、あまり落ち込む必要はないと思いますね。
なぜなら、現代ではお薬を飲めば、インポテンツを克服することも可能になっているからです。
ED治療薬を飲めば、すぐに薬の効果が効いてきて、男性器を勃起させることが出来るのです。
ED治療薬はいろいろなものが製造されていますが、もっとも人気が高いのは、ファイザー社の「バイアグラ」でしょう。
このバイアグラには、男性の海綿体の血管を広げて、たくさんの血液を促進させてくれる有効線分「シルデナフィルクエン酸塩」が配合されています。
そのため、この薬を服用すれば、しっかりと勃起が出来るようになるのです。

このED治療薬は日本でも解禁されており、多くの男性が服用しています。
インポテンツを克服したい方は、クリニックで処方を受けてみてはどうでしょうか?
ただ、バイアグラはお値段が高いのがネックに感じてしまうかもしれません。
一錠あたりに換算すると、1,000円以上もの費用がかかってしまうのです。
週に3回使うとしたら、月額では12,000円近くになってしまいますよね。
年間に換算したら、100,000万円以上にもなってしまうのです。
ED治療薬を継続的に使っていきたいのであれば、お値段が安いバイアグラジェネリック薬のほうがよいかもしれません。
格安なインド製のジェネリック薬をお探しでしたら、「シラグラ(silagra)」がありますよ。
このシラグラは、バイアグラと同じ有効成分「シルデナフィルクエン酸塩」が使われています。
また、製法に関してもほとんど同じとなっています。
勃起力アップ効果もバイアグラとほぼ変わらないのに、シラグラのお値段は1錠あたり数百円程度なのです。
非常に安く利用できるので、経済的な負担がかからないのが魅力です。
非常に魅力的なお薬ではありますが、このシラグラはまだ日本国内では承認されていないED治療薬なのです。
ですから、お使いになりたい場合には個人輸入を行うとよいでしょう。

個人輸入代行業者を使えば、かなり安くお取り寄せすることも可能になりますよ。
いろいろな個人輸入代行業者が存在していますので、値段を比較してみるとよいかもしれませんね。

シラグラで悩みを解決し楽しい時間を送る

女性と楽しい時間を送る時には、ペニスの勢いというものも大切になります。
勃起不全になってしまうとせっかく良いところまでいっているのに、その後の楽しい時間を過ごす事ができずに途中で終わってしまう事となるのです。
せっかく楽しい時間を過ごしていたにも関わらずに、彼女にも悪い気がしてしまいますし自分としても嫌な気持ちになってしまいますよね。
ペニスは勃起する事はしても、硬さが足りずに悩んでいる方もいるでしょう。

そういったペニスの悩みを抱えた時には、とりあえず自分なりに解決する方法を見つける事が大切です。
そのままの状態で次の楽しい時間を迎えても、不安な気持ちを持ったままになってしまいますので、ストレスなどを抱えたまま臨む事になってしまいます。
せっかく今までは彼女との大切な時間であったのに、苦痛な時間となってしまって悩みになってしまうでしょう。
まずは、医薬品に頼ってみるというのも1つの手です。
自分にはバイアグラなど関係のない医薬品だと思っていた方も、このような状態になった時だからこそ頼ってみましょう。

バイアグラは医薬品の中でも先発品ですので、そこそこ料金がかかってしまうのも特徴です。
コストパフォーマンスの事も考えるのであれば、シラグラを服用してみてはどうでしょうか?
海外医薬品になり後発品になりますので、料金もバイアグラの3分の1の料金で購入する事ができます。
海外医薬品は日本の病院や薬局で購入する事ができないのですが、インターネットの中にある海外医薬品輸入代行サービスを利用して購入すればスムーズに買う事ができます。
実は個人でも輸入する事は可能なのですが、面倒な手続きも多い為代行してくれているお店を利用すると効率が良いでしょう。
シラグラは成分としてもバイアグラとほぼ変わらず、服用をして効き目が出てから4時間くらいまでは元気に楽しい時間を過ごす事ができます。
勃起しないだけでなく、勃起してもペニスの硬さが不十分な事にも対応してくれるので、悩む前の硬さに戻って楽しむ事ができるでしょう。
シラグラを服用する時には少しコツがあり、できる限り空腹の時に服用するようにしましょう。

夜に彼女と会う時には空腹時に飲んでおき楽しい時間を過ごすと、シラグラの本来の効き目を発揮する事ができます。
脂っこい食事をしてしまった後に飲んでしまうと、少し効き目が落ちてしまうので気を付けたいところです。

バイアグラで感じる顔のホテリなどの副作用は、実はシラグラではあまり感じにくいのも特徴です。
それでも、飲んではいけない方など副作用は医薬品ですのであります。
禁忌事項もありますので、そういった部分はしっかりとチェックをしてから服用するようにしてください。
購入の時に海外医薬品の個人輸入代行サービスを利用する場合には、処方箋がなくてもそのまま購入する事ができますので、忙しい方でもほしい時にそのまま注文する事が可能ですので利用してみましょう。

シラグラで夫婦に笑顔を

勃起不全に悩む方は多くいると思いますが、中でも結婚している若い男性が勃起不全になってしまった場合、それは夫婦の危機に直結します。
以前は中高年の方がなる病気という印象が強かったものの、ストレスの溢れる現代では、若くても発症してしまうというケースがあるのです。
たとえ新婚アツアツの夫婦でも、会社や対人関係の大きなストレス、親から赤ん坊を期待されるプレッシャーなど、本人に自覚がなくてもある日突然に勃起不全になってしまうかもしれません。

そんな時、男性は精神的ショックを受け、次もダメかもしれないと自信をなくし、それがストレスとなってさらに勃起不全が悪化してしまうという悪循環に陥る事があります。
さらには奥様も「自分の責任では」と悩み、勃起不全に悩むあなたにどう接したらいいのかわからなくなったりと、夫婦の間に亀裂が生じることもあるでしょう。
もはや勃起不全は男性一人の問題ではありません。
シラグラはそんな夫婦の問題を解決するのに最適なジェネリック医薬品です。
ED治療薬として有名なバイアグラのインド製ジェネリックで、その効果はほぼバイアグラと変わりません。

バイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルが、陰茎の筋肉の緊張を緩め、血行を改善する事で勃起を助けます。
効果は服用後30~60分程度で現れますが、バイアグラと同じで油分によって吸収率が低下してしまうため、空腹時か食事の30分前には飲んでください。
また、血管拡張効果によってアルコールが回りやすくなるので服用時の飲酒には気をつけた方がいいです。
効果の持続時間はだいたい3~6時間とされていますので、奥様と相談してセッティングするとよいでしょう。
硝酸剤(ニトロ系)と併用してしまうと、血圧が下がりすぎて命の危険があります。

実際に死亡事故も起こっているので、絶対に併用しないようにしてください。
持病のある方は、シラグラを飲んでも大丈夫か主治医に確認するのが無難です。
場合によっては他のED治療薬を考えましょう。
まだ選択肢があるということを忘れないでください。
ジェネリック医薬品には特許料が含まれていないため、新薬と比べて非常に価格がリーズナブルです。
せっかく勃起不全が治っても、経済的に切迫してしまっては夫婦で笑顔とはいきませんよね。
バイアグラはED治療に有効ですが、お値段は一錠で1500円以上することもあり大変高価です。

その点、シラグラは一錠あたり150円前後と10分の1程度の値段なので、気軽に使いたい時にすぐ使えるでしょう。
シラグラは病院では処方できないため、自分で個人輸入代行業者を探すなどして購入するしか、入手する方法はありません。
しかし、多くの人に需要があるのをいいことに、悪質な業者による詐欺や偽物の販売が行われています。

もし偽物を知らずに服用してしまえば健康被害を受けることもあり、そのような悪質な業者を選ばないよう気をつけることが肝心です。
インターネットなどでその業者の評判を調べるなどして、信頼できる業者から購入しましょう。

ジェネリック医薬品のシラグラを個人輸入してED症状を改善させる

EDという勃起不全の症状を改善・治療する薬としては、バイアグラがよく知られています。
この薬にはシルデナフィルクエン酸塩という成分が使用されていて、これが勃起不全の改善に良い効果をもたらすと言われているのです。
つまり、ホスホジエステラーゼという酵素の働きを抑制する効能があるため、この酵素によって血管拡張がうまく行われず血液量が増えないという困った状態が引き起こされなくなるということですね。

これは、勃起するために陰茎が必要とする血液の流れを充分にする働きをもたらすことに繋がります。
性的な刺激や興奮を受けたことが陰茎の勃起に繋がるためには、神経の伝達だけではなく血管や血液の働きも重要なのです。
ですから、シルデナフィルクエン酸塩が使われているバイアグラは世界中のEDに悩む男性達に受けいられたのかもしれません。
そんなバイアグラと同成分のED治療薬がシラグラです。

この薬はジェネリック医薬品の一種で、Cipla社というインドの製薬会社によって製造されたものになります。
インドにおける医薬品については製造特許は認められていますが、成分特許は認められていません。
だからこそ、バイアグラと同じシルデナフィルクエン酸塩を含むジェネリック薬も正規の薬として認められて流通しているのです。
そのため、インド国内はもちろん海外にも輸出されており、EDを改善したい男性達に注目されています。
シラグラは1日に1回の服用とされていて、服用の間隔は24時間以上空けることが大事ですね。
また、性行為を行う1時間ほど前の空腹でいる時に服用すると、一番効率的に効果が発揮されます。
シルデナフィルクエン酸塩が配合されていますから、血管の広がりと血液量の増大が見込まれますので、それによって起こるかもしれない副作用には注意すると良いですね。
例えば、血圧が低下してめまいや頭痛が起こる場合もあります。

また、顔がほてったり動悸が起こる場合も考えられます。
ですから、服用後に体調の異変等を感じたら、医者にかかって専門の診断を仰ぐことが大切です。
ただし、シラグラを手に入れようと思ったら個人輸入の方法を採ることが必要なので、その点についていくつか考慮せねばならないことがあるのです。
その一つとしては、正規薬を手に入れるようにすることですね。
きちんとしたルートを使って、偽物ではない正規のシラグラを購入したいものです。
ですから、個人輸入代行業者に依頼すると安心かもしれません。

もちろん、その業者が正規のジェネリック医薬品を扱っているのかどうかを事前に確認することが大切です。
バイアグラよりも低い価格で入手することができますので、ED治療のためには購入しやすいですね。
尚、シラグラは日本国内では未承認薬になりますので、個人輸入で購入するのも服用するのも自己責任になります。
ですから、まずは病院で体調等に異変・異状がないか診てもらってから、特に体に不安がなければ手に入れてうまく活用すると良いですね。

シラグラで下半身を充実させよう

1990年代に男性の下半身を劇的に元気にする薬として、バイアグラが登場しました。
この薬はもともと育毛剤の製造過程でできた薬であり、男性の下半身を元気にして、血行をよくしてくれる画期的な一面を持っていたのです。
即効性があり、空腹な状態で性行為の前に飲めば一時間は効果が持続します。

それは、勃起不全の人にとって希望が持てる状態であり、改善の兆しと見てよかったのです。
現在、バイアグラは一般のクリニックでも処方してもらえるメジャーな薬になりました。
これは、勃起不全解消の効果が認められ、薬として認可されるのが早かったからです。

一錠あたりの値段は高いので、そう何度も使うわけにはいきませんが、EDに悩んでいた人にとっては画期的な進歩が見られました。
ただ、一般の人たちがこれを利用するにはまだまだ値段的なハードルが高く、おいそれと使うわけにもいきません。
そこで出てきたのがシラグラをはじめとするバイアグラのジェネリック薬でした。

世界的に有名なバイアグラは男性の衰えた下半身を充実させる薬として誰もが知っており、その効果は絶大でした。
今もそれは生きており、世界中で愛され続けています。
薬の特許関係が特殊なインドでは、早くからバイアグラのジェネリック薬が作られ、売られてきました。
これは、成分などはそのままで、効果も同じ薬を後発的に作ったものです。
成分がまったく同じなので、シラグラはバイアグラとまったく同じ効果が得られ、注意する点も副作用も同じになります。
ただひとつ大きく違うのは、値段です。
オリジナルのバイアグラが一錠1000円以上でも、ジェネリック薬の場合は一錠100円くらいで買えてしまいます。
これがジェネリック最大の特徴であり、購入する理由です。

日本の薬局でもクリニックでもシラグラは認可されていないので、購入するには個人輸入に頼るしかありません。
雑誌などで紹介されているお店に行くのもいいですが、ここはネットで信頼できる個人輸入代行業者さんを探し、そこで買うことをおすすめします。
信頼できない業者さんか信頼のおける業者さんかは口コミ情報サイトなどでかなりたくさんの情報が出ており、実際にサービスを利用した人から参考になる意見が聞けるので、よければ見てみてはいかがでしょうか。

ED治療薬は昔からありますが、そのジェネリック薬も確実に浸透しています。

なにしろオリジナルのものと比べ、効果は一緒で値段だけが安いのですから、これを使わない手はないでしょう。
みんなが認めるシラグラのすばらしい所はネットの専門サイトなどでも紹介されており、私たちにとって非常にいい影響があるのは間違いありません。
この薬についてもっと知りたい場合は、個人輸入代行業者さんのサイトや、薬関連のサイトを見て勉強をしておきましょう。
知れば知るほどこの薬のよさがわかり、自分でも使ってみたくなるはずです。
劇薬であることを認識し、きちんと用法を守って利用すれば問題はありません。

すばらしい効果を発揮するシラグラ

年齢と共に体はあちこちにがたが来て、衰えるものです。
特に男性の下半身はかなりのスピードで急激に衰え、EDと呼ばれる状態になることがあります。
これはストレスや過労、年齢による衰えなどいろいろな理由がありますが、勃起不全と呼ばれる問題ある状態に変わりはありません。
こうなるとまともな性生活は送れなくなり、ナイトライフが苦痛になります。

勃起不全が原因で夫婦仲が悪くなってしまう家もあるでしょう。
それは大変不幸なことであり、勃起すればすべてが円満になるなら、必死になってその解決法を探すはずです。
今は優秀なED治療薬がたくさんあり、それらは専門のクリニックなどで処方してもらえます。
代表的なのがバイアグラですが、これは優秀な勃起不全治療薬であり、一般のクリニックで依頼すれば安全なものが簡単に手に入るのです。

しかし、この方法にはひとつだけ難があります。
バイアグラはED治療薬の中でもトップクラスに値段が高く、効果が大きいだけに劇薬指定されているので、普通の薬局では入手できないのです。
それを理解した上で購入しないといけない点や、販売価格の高さから毎日利用するわけにもいかず、使っているうちに家計に打撃を与えてしまいます。
これでは幸せな生活とはかけ離れてしまうでしょう。
それをすべて解決するのがバイアグラのジェネリック薬であるシラグラです。

これはインドの薬メーカーさんが開発、販売している薬で、成分はバイアグラと同じシルデナフィルであり、効能や副作用、注意点まですべてがバイアグラと同じになっています。
これは勃起不全を解消するのも同じなら、ニトロ系の薬と一緒に飲むと命に関わる点まで同じことを示しているのです。
ネットでもシラグラのことを説明したサイトはたくさんあるので、一度調べてみるといろいろなことがわかるでしょう。
現在この薬は日本国内では認可されておらず、クリニックでも入手はできません。

しかし、個人輸入をすれば簡単に入手できるので、たいていの人はネット販売によってシラグラを購入し、自分のナイトライフを豊かにしています。
食事の影響を受ける点や眠気が出たりめまいがするといった副作用もバイアグラと同じなので、使う際には説明書をよく読み、間違いないように利用するのがコツです。
ジェネリック薬のいい所はオリジナルの医薬品よりもはるかに価格が安い所です。
シラグラもバイアグラと比べ、値段は10分の1くらいにおさえられており、まとめ買いをしてもさほど家計に響きません。
そのため、毎日でも飲み続けられるくらい値段的にお得なのです。

個人輸入代行業者さんのサイトではまとめ買いをするとお得な価格設定で売られていることが多く、それを利用して大量に買うのもありでしょう。
この手のサイトではED治療薬に関してはかなり種類が充実しているので、その中から自分に合うものを見つけるのは造作もないことです。
私たちの性生活は、これらの薬によって確実に豊かになります。

夫婦円満の秘密はシラグラ

年齢を重ねても、幾つになっても元気に生活をしていきたいと考えるのは誰しも同じ事です。
そして、「夜の生活」においても元気を保ちたいと考える場合に問題になるのはパートナーとの性交渉の場面であり、男性にとって必要な事としてはズバリ、ペニスを勃起させることです。

silagra56しかし、中途半端な勃起ではパートナーのヴァギナに挿入しようとしても入りづらい、あるいは挿入出来ても直ぐに萎縮してしまうという経験があるかも知れません。
それが一時的な事であれば今日は調子が悪い等の理由でも済ます事も出来ましょうが、それが長期間に亘り続くという事になれば、勃起不全症治療をする為に、ED(ErectileDysfunction)の専門医を訪ね治療を受ける事が必要になります。
しかし仕事が忙しく土曜日や日曜日等の休日もほとんどない程であったり、ED専門治療の専門クリニックに行くのは、誰が見ているかわからないという恐れから、躊躇してしまう人もいるでしょう。

その様な場合には薬の個人輸入代行業者を経由して、勃起不全治療薬であるシラグラを入手し、治療をする必要があります。
この薬はインドで発売しており、薬の製造メーカーも社員は16000人以上・売上高は約376億ルピー・営業利益が約90億ルピーを超えるという巨大企業です。
メインはインド国内ではジェネリック医薬品のトップ企業として知られています。
したがいまして、信頼性の高い薬を開発している企業であると考えて良いでしょう。

シラグラはEDいわゆる勃起不全やインポテンスの治療薬として今や世界的にも有名なあのアメリカのファイザー社製{バイアグラ}と全く同じ成分です。

※引用元・・・シラグラとバイアグラの違いより一部抜粋

このシラグラは、初めて勃起不全治療薬として作られたバイアグラと概ね同じであるルデナフィルという成分を含んでいるジェネリック医薬品で、バイアグラと比較しても格安で入手する事が出来ます。
ある輸入代行業者でバイアグラ100mgとシラグラ100mgの価格を調べてみました。
バイアグラ100mgの価格は1箱4錠で5977円で、3箱で16391円・5箱で25451円・7箱で33991円となっています。
対して、シラグラ100mgは1箱4錠で1749円であり、3箱では2790円・5箱では3415円・7箱では4040円ですから、バイアグラの3分の1以下の価格ですからどちらを購入した方が得なのかは、言うまでもないでしょう。

それでは、今度はシラグラがどの様な仕組みで、効果を現わすのかを説明致します。
人間には脳に中枢神経という部分があり当該の薬を飲むと、ペニス及びその周辺に一酸化窒素を作り出す組織にシグナルを送ります。
するとペニスへ血液が集積されて来て、勃起に至るという訳です。
この薬を飲む場合には、食後では有効成分であるシルデナフィルの吸収率が悪くなり、本来の効果を発揮する事が難しくなりますので、空腹時に飲みセックスが終わるまで空腹にしておきましょう。

また、薬を飲んでからミネラル・ウォーターなどは飲んでも構いませんが、お酒の弱い人がお酒を飲んだり、あるいはアルコールに強い人でも沢山のお酒を飲むのは身体に良くありませんので控えましょう。
最後に最も注意すべき事を記しておくとすると、心臓病の持病がありニトログリセリンを飲んでいる場合には、絶対に飲まない様にしてください。

勃起のメカニズムとシラグラの効果

陰茎には「陰茎海綿体」と「尿道海綿体」の2つの海綿体があるのですが、この海綿体に血液が流量することで硬化して勃起に繋がります。
具体的には、性的興奮受けることによってNO(一酸化窒素)が増え、動脈が拡張して血液量を増やします。
それによりスポンジ状になった海綿体に血液が流れ込み、勃起を促す仕組みです。

そして性的興奮が収まってくると、PED5という酵素がNOの分泌を抑制させることで勃起も収まってくるというのが勃起の一連のメカニズムです。
ただ、何かしらの理由からPED5が多く作用してしまうと、その効果により勃起を抑えてしまうため勃起不全へと繋がってしまいます。
EDは日常生活に支障をきたすような重病ではないですが、それでも夜における生活の一部が欠けてしまう重要な症状ではあります。

そこで、PED5を阻害するための医薬品が開発され、それがED治療薬として世界に広く認知されるようになりました。
PED5を阻害する有用成分にはシルディナフィル、バルデナフィル、タダラフィルの3つがあります。
シルディナフィルが世界初のPED5阻害物質として発見された成分です。

シルディナフィルを含有した正規品の商標名はご存知の方も多いバイアグラ、そのバイアグラが発売された1998年から世界中で多くの男性に愛用されてきているため、その効果は約15年の中で実証されています。
また、その年月の中でバイアグラのジェネリック医薬品もいくつか誕生し、中でもシラグラは高い人気を誇っているジェネリック品です。
バイアグラと同じシルディナフィルを含有したシラグラは、用法用量、作用・効果、注意事項などバイアグラと同じものが得られます。
1日1錠の服用まで、24時間以内の服用は禁止、食前の服薬が奨められています。
発現時間はおよそ30分~1時間、持続時間は3時間~4時間です。

副作用には顔のほてりや頭痛などが報告されていますが、いずれも強いものではなく、シラグラの作用が落ちると同時に副作用も収まってくるので心配するほどの作用を感じることはありません。
しかし、作用が同じならバイアグラでも構わないのでは?
と思われますが、バイアグラではなくシラグラを選ぶ最大の理由としては薬代が安いという点があります。

薬価の安さはジェネリック医薬品の特徴です。
そもそもジェネリック医薬品は新薬になぞらえて開発・製造された医薬品ですので、新薬に比べて開発費用が掛かりません。
そのため、安く消費者に還元することができるのです。
どのくらいの差額があるのかというと、新薬に比べてジェネリック医薬品は5分の1~10分の1の薬価とされており、かなりの医療費を抑えることが可能になりますね。
実際に価格比較をしてみると、バイアグラの薬価は1錠2000円銭前後ですが、シラグラは1錠150円~300円ですので、週1回で1か月使ってもやはり約10倍の差額が生じてくることになるでしょう。

パートナーと夜を楽しむためのシラグラ

加齢によるもの、ストレス性のものと原因は色々ありますが、勃起不全あるいはEDは男性にとっても問題ですが、パートナーの側にとっても重要な問題となります。
もちろん愛し合っていて確かな絆を築くには、性生活だけが大切なことではないです。
かと言って恋人同士や夫婦であるのに、いつまでたっても清らかな生活ばかりを送っているというのも、辛いものがあります。
何故ならば、成人した男女であれば当然のように性欲があるからです。
このことを、無視したままでは健全で楽しい毎日を送れることはありません。
EDであることを、自覚した時点で確実に行動を起こすことを強くおすすめします。
一番良いと思われるのは、EDの治療を重点的に行っているクリニックでの診察をまずは受けることです。
このことは、男性にとっては心理的に難しいことだとは察します。
きちんと正常な勃起を充分にできないということは、男性にとっては不名誉なことであり、現実を受け止めるにも勇気を必要とするのです。
できたら、パートナーとしてこの場合男性を支えるためにも、一緒にクリニックについていってあげたり相談にのってあげてください。
パートナー側としても、二人の人生を楽しく送るためには性生活を取り戻すためにも男性の男性としての機能を取り戻してもらう必要があるのです。
そして、男性にとってセックスを充分に楽しむということは、男性自身の自信にもつながってきます。
自信を持つということは、夫婦生活のみならず仕事に関することでも変わってくるのです。
逆に、夜の生活が不満足な結果に終わり続けているとそれは自然と日常生活にも現れはじめ、仕事などにも支障をきたしはじめることでしょう。
そんな状態に陥る前に是非とも改善をするのです。
クリニックなどでは、原因を一緒に考えED治療薬などを処方してくれます。
さらに患者に、心臓病などの既往症などがあった場合は、それに見合った処方を考えてくれるので安心です。
ED治療薬の中では特に有名なのが、最初に販売されたバイアグラがあります。
これが米国で製造・販売された時は、世界中で話題になりました。
日本ももちろん例外ではなく、当時は海外から個人輸入する人が大半でしたが現在では違います。
今ではバイアグラのジェネリックが、販売されるようになりました。
シラグラは、そんなジェネリックの一つです。
経口タイプのED治療薬で、シルデナフィルという有効成分が海綿体の血管を拡張し血流量を増やしてくれます。
この薬は、EDの原因が心因性のものであれ、神経や血管などの体の方に原因がある場合でも両方に効果があることです。
また、錠剤には折り目がついているので、手で割ることもできるので、カッターやハサミなどを使わずに量などを簡単に調節することもできます。
性行為を始める1時間ほど前に、25mgから50mgを服用してください。
服用回数を、1日1回までとし飲んだ後で24時間の間隔をあけることが大事になります。
服用した後で、勃起が4時間以上続いたら医師に相談したほうが良いでしょう。
シラグラを上手に使って夜の生活を楽しんでください。